2021年11月15日

2023年度公立高校の新校舎移転の話

----------------------------------------
引き続き感染予防対策の徹底をはかりながら
授業や補習を行います。
塾生のみなさん、保護者のみなさん、
ご協力よろしくお願いいたします。

体験授業や面談などをご希望の場合は
お電話かホームページを経由してご連絡ください。
ホームページはこちら

-----------------------------------------------
昨日で試験対策の2日目が終わりました。

最後まで粘ったのはやはり中学3年生でしたが

1・2年生も理科・数学を中心に

自分に今必要なことができている人が多かったですね。

「大原野中」と「伏見中は」今週の水曜日からテストです。

今日も自習への参加待っています。

さて、タイトルの話題へ。

「2023年度」に校舎を移転する公立高校が2校あります。

「塔南高校」と「銅駝美術工芸高校」です。

どちらの学校も「現在の中学2年生」が高校に入学する際に

新しい校舎でのスタートを切ることが発表されています。

塔南高校は、JR西大路駅から徒歩5分の旧洛陽工業高校の跡地へ。

銅駝美術工芸高校は京都駅東部の崇神地域へ移ります。

現在塔南高校がある場所は

アルファスクールの塾生が住む地域からは

通いにくい所にあるので

新校舎の駅から5分という立地は

とても魅力的ですね。

「新普通科系高校」として開校するということで

現在の「教育みらい科」はどうなるのでしょうかね・・・。

独自検査問題で数学・英語ともに高得点で

合格した彼の顔が思い出されます。

銅駝美術工芸高校は、校名が「京都市立美術工芸高校」に

変更されることも発表されています。

「銅駝」という校名の由来を最近知ったのですが

この話を「ドヤっ!!」という顔で使える期間も

あとわずかとなってしまいました(汗)

それはともかく、この学校は選抜に「鉛筆デッサン」と「イメージ表現」があります。

ここに行きたい!!っと思ったら

5教科の勉強とは別の準備が必要になりますから

興味がある場合は早めに動きだしてください。

今月末には中学3年生はもちろん、

2年生も参加できる「実技講習会」が開催され、

1月には1・2年生に向けてのオンライン説明会もあるそうです。

オンラインでの説明会実施は

ちょっと興味があるかな、ぐらいの人達には

ハードルが下がってありがたいですね。

2校とも新しい情報がわかり次第またお知らせします。



あけた

posted by アルファスクール at 12:48| Comment(0) | 入試関連